デプロメールの副作用で肌トラブルが起こることがある

デプロメールは、うつ病や強迫性障害、社会不安障害などの治療に使われる薬です。他に月経前不快気分障害、パニック障害、摂食障害、過食嘔吐などの治療に処方されることもあります。

うつ病を始めとするこれらの精神疾患は、脳内にあるセロトニンという神経伝達物質が減少して起こります。デプロメールは脳内にあるセロトニンの欠乏を改善させて、神経伝達をスムーズにさせるので、落ち込んだ気分を和らげて、不安や緊張をほぐす効果があります。

デプロメールはセロトニンに関係する部分にだけ作用するため、他の抗うつ剤よりも安全性が高い薬と言われています。実際に、抗うつ剤に多い抗コリン作用や心毒性などの副作用の心配がなく、大量服用をした場合でも副作用が少ないため、うつ病治療として処方されることが多いようです。

けれど、デプロメールにも副作用があります。
主な副作用としてよく言われている症状は、吐き気、眠気、口の渇き、便秘、倦怠感、めまいなどです。
また人によっては神経過敏になり、不安感やイライラな気分が起こり、かえって落ち着かなくなることもあります。
吐き気や神経過敏な状態は服用開始の頃に多くみられる症状で、たいていの場合は長くても2週間程度で症状が落ち着くことがほとんどです。
他に、尿が出にくい、出血しやすい、目がまぶしい、勃起障害などの性機能異常、性欲低下などの症状が現れることもあります。

また、発疹やかゆみ、湿疹、顔や舌のむくみ、じんましんなど、肌にアレルギー症状が起こることもあります。
うつ病と診断されてデプロメールを飲んでいて肌のトラブルが起きている方は、飲んでいる抗うつ剤が原因かもしれません。主治医に相談するとともに、症状の度合いによっては皮膚科で肌を診察してもらうと良いでしょう。